車を所有しているなら知っておきたい車検費用

なぜ車検を受けなければならないのか

車検は新車であれば3年目に受けます。それ以外の車は2年に1度車検を受けます。多くの人にとって車検は、お金がかかるので受けたくないと感じているかもしれません。確かに車検は1回受けると10万円ぐらいはかかります。ですが、車検を受けたことによって事故を防ぐことができます。外国で車検がない国は、車の整備不良によって事故が多発している状況です。この点、自分は車の整備ができるので車検はなくても問題ないと考える人がいるかもしれません。ですが、事故は自分で起こすだけでなく他人が起こす可能性もあります。車検制度がなければ、他の人の事故に巻き込まれる心配もあることを考えましょう。

車検費用の内訳を理解しよう

車検を受けるときにはお金を払いますが、費用の内訳はどのようになっているでしょうか。車検の費用は大きく分けて法定費用と車検費用に分かれます。法定費用は、法律で決められた税金などです。重量税や自賠責保険料などがこれにあたります。この法定費用はおまけをすることができません。一方で、車検費用は業者に支払う費用です。整備費用などがこれにあたります。この部分に関しては業者によって金額を定めることができます。一般的にはディーラーにお願いをすると4万円位になりますが、ガソリンスタンドやカー用品店等で車検を受ける場合はもう少し安く受けることも可能です。もちろん、点検で1番安心できるのは車のディーラーです。また自動車整備工場なども質の高い車検を受けることが可能です。

車検の料金はその時期になると気になります。料金は預けるところによって異なります。比較的安いのはご近所の修理工場で高いと思われるのはその車種のディーラーです。