音が変わった!聞く曲によってイヤホンを選ぶといい理由

音楽ライフを満喫できていますか?

通学・通勤中に音楽を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?しかし、使ってるイヤホンが今聞いている曲に合ってないとしたらどうでしょう?実は聞く曲によってイヤホンの向き、不向きがあるんです。

イヤホンは大きく分けて2種類あります

イヤホンはダイナミック型、BA(バランスドアーマチュア)型に大きく分けることができるんです。それぞれ2つのタイプには特徴があります。ダイナミック型は低音域の再現性にとても強く、再現可能な音域が広いことが特徴に挙げられます。しかし、小型化が技術的に難しいです。BA型は中音域から高音域が得意ですが、再現可能な音域が比較的狭いです。音に歪みが出やすいというのも特徴です。これだけ見ると、BA型のデメリットだけが大きいように見えますが、BA型は小型化が用意なのでいくつものユニットを組み合わせることで、歪みや音域の狭さを解決しています。重低音が特徴的なクラシック曲を聞く時はダイナミック型、ボーカルがメインとなるPOPSを聞く時はBA型といったように、普段聞くジャンルの音楽に合わせたイヤホンを選ぶことが音楽をより楽しむためには重要なことです。

実際に視聴しに行こう!

ダイナミック型、BA型と理論的には得意、不得意はありますが、実際に音を聞いてみるとダイナミック型の方が良かった、BA型の方が良かったということもあります。スマホやオーディオプレーヤーなどの音源を家電量販店やオーディオ専門店にもっていけば、自分が普段から聞いている曲でイヤホンを視聴することが可能です。タイプだけでなく、メーカーによっても色の特色が出ます。好みの音を見つけるにはカタログスペックだけではなく、自分の耳で実際に体験することが一番です。

オーディオの買取の依頼方法を理解するうえで、不用品の売却を簡単に行うことのできる業者の取り組みに注目をすることが良いでしょう。