演奏した後も丁寧に!サックスのお手入れ方法

サックスのお手入れで大切なのは演奏後

理想のサックスを晴れて購入したという方から、長年演奏しているベテランの方まで、等しく知っていて欲しいのが、サックスのお手入れ方法です。本格的なメンテナンスや故障の修理に関しては、もちろん「餅は餅屋」、つまり楽器工房にお任せすれば良いのですが、日々のお手入れは各自でこなすものです。当然、このお手入れ・メンテナンスを演奏後にきちんとやっておけば、今後起こるであろう大きなトラブルを回避できたり、楽器を長持ちさせることができます。ぜひ覚えていってください。

演奏後に行っておきたいお手入れ

演奏後のお手入れのメインの目的は、「楽器本体からの水分の除去」です。吹奏楽器を演奏したときに吹き込む息(湿気)や唾(水分)によって楽器本体の素材が傷んだり、各キィの動きに影響が出たりします。放置すると操作や音色に難が出始め、トラブル発生の原因となります。そのため、演奏が終わったら徹底的に水分を取り除かなければなりません。

まず、ネックとマウスピースを本体から外します。本体の管内の水分をクリーニングスワブで拭き取りましょう。おもりが付いている側をベルの中に入れ、手を奥に入れたあと、本体を逆さにしてひもを引っぱり出しましょう。この引っぱる作業で、布が管内をこすってくれます。

クリーニングスワブを使って、ネック・マウスピースやタンポの水分も拭き取ります。閉じたキィを開けて、そこの水分も拭き取るのを忘れないようにしましょう。

あとは、楽器本体や接続部分を乾燥したクロスで磨きましょう。キィの動きが鈍くなったら、専用オイルをさしましょう。

サックスは、木管楽器の一種で、クラシックはもちろんジャズやポップスなどの幅広いジャンルで活躍できる華のある音色が特徴です。