車検は早期割引を活用!日にちを決めたらすぐに予約

車検費用は割引が可能

車検費用を節約したいというときには割引を積極的に活用するようにしましょう。車検費用は定額で定められているわけではなく、業者によって様々な価格設定が行われています。法定費用と呼ばれる自動車重量税や自賠責保険料についてはどの業者で受けても同じですが、それ以外の部分については業者によって費用設定が違うのです。そのため、顧客獲得のために割引サービスを行っている業者も多くなりました。また、割引サービスがないように見える業者であっても交渉次第で安くなるということがよくあります。この両者に共通して重要なのができるだけ早く予約することです。

早期割引サービスと早期の交渉

車検業者が行っているサービスとして典型的なのが早期割引であり、早めに予約をするとその分だけ車検費用が安くなる仕組みになっています。特別に早い業者の場合には二年前からの受付をしていて、車検をしたときにすぐに予約をすれば極めて安くなるサービスです。それに対抗するように行っているのが早めの予約だから安くして欲しいという交渉に応じる業者であり、ディーラーがその代表的な例になります。どちらの場合にも確実に車検を受けてもらえるようにするための戦略であり、原則として予約したときに変更をすることはできません。変更できる場合でも手数料がかかる場合が多いので、この日にちで車検を受けるというのが決断できたらすぐに予約するという考えを持っておくのが無難でしょう。目安として半年から三ヶ月前位に予約をすると費用面のメリットが出やすくなっています。

車検を軽自動車でしてもらうと、5~7万円ほどかかります。1トン以下の小型乗用車なら6~8万ほどです。車検をするお店でも値段が変わってくるので、色々調べてから車検を検討した方がいいです。