一生に一度は行きたい、絶景の島ー与論島ー

与論島へのアクセスは?

与論島は鹿児島県最南端の島で、交通アクセスは鹿児島や那覇から飛行機あるいはフェリーとなります。飛行機の場合は、鹿児島から約1時間10分、那覇から約40分でさほど変わりませんが、フェリーの場合は、鹿児島から約20時間、那覇から約4時間40分です。鹿児島県と言っても沖縄本島に近いことがよく分かるでしょう。晴れている日には、沖縄本島の北端の辺戸岬も見えますよ。

与論島のビーチで楽しもう!

「東シナ海の真珠」とも言われる与論島は、抜けるような青空、真っ白の砂浜と紺碧の海が魅力です。一番人気のビーチが「大金久海岸」で、約2kmの白い砂浜が続いています。遠浅の海水浴場で、シュノーケリングやバナナボートなどのマリンスポーツも楽しめます。飲食店やお土産さんなどの施設も充実し、海岸沿いにあるキャンプ場はモクマオウに囲まれ、夏でも涼しく快適です。
他にも楽しめるビーチはたくさんあります。映画の舞台にもなった「寺崎海岸」、サンライズが美しく有名な「赤崎海岸」やウミガメの産卵地でもある「パラダイスビーチ」などで、ゆっくりしましょう。

幻の浜に行きましょう!

大金久海岸から「百合ヶ浜」へ往復するグラスボート乗り場があります。運がいいと、グラスボートから泳いでいるウミガメを見ることもできますよ。「百合ヶ浜」は春から夏にかけて、大潮の干潮の時間帯に姿を現す幻の浜で、日によって現れる時間や場所・大きさが異なります。この幻の浜で「星の砂」を歳の数だけ見つけると願いが叶うとも言われています。
海はもちろん、夕日も星空もすべてが美しく、ゆっくりした時間の流れる与論島に行って、癒されませんか。

与論島の旅行は、大自然を満喫するうえでとても魅力があり、クルージングやダイビングなどに挑戦をする人が多くいます。