息をのむ美しさ天国のビーチがあるという楽園久米島

久米島は琉球の美しい島

久米島は沖縄から西に約100km離れた海に浮かぶ離島です。島全体が県立自然公園に指定されている美しい島で、久米島の名前の由来の一つは琉球の美しい島「球美の島」にあるといわれています。青い海と空、白い砂浜の美しさは筆舌に尽くしがたいもので、さらに、渓流や湿地帯、森など陸にも貴重な自然があふれ、見どころ満載の島といえます。

名前の由来のもう一つの説は、沖縄方言で米を表す「クミ」によるというもので、温暖な気候と美しい水に恵まれ、古くから稲作がおこなわれていたといいます。

世界でも珍しいサンゴ砂の島

中でも必見といわれているスポットがハテの浜です。ハテの浜は、久米島の東方5kmのところに浮かぶ砂浜だけでできた無人島です。3つの島が連なる全長7kmの細長い島で、久米島から船で15分から20分ほどで到着します。真っ白な砂浜と360度に見渡せるどこまでも続く海、あるのはそれだけです。水の透明度はひたすら高く、小さな波がしらが太陽を浴びると宝石のように輝きます。あまりの絶景に何もせずに見とれるだけでも十分に訪れる価値のある場所です。海に入れるエリアは決められていますが、とても贅沢な海水浴やシュノーケリングを楽しむことができます。シュノーケリングではすぐそばのサンゴ礁に遊ぶきれいな熱帯魚たちの姿を見ることができます。風がなく穏やかなら、潜らなくても海の上から覗くだけでも簡単に見つけられます。また、グラスボートやマリンスポーツなどが体験できるツアーもあり、さまざまな楽しみ方ができます。

久米島のツアーでは、ダイビングをはじめとした貴重な体験ができるため、子供から大人まで楽しく過ごせます。